アウトドア

【神栖市】海岸まで徒歩1分!「神栖市営 日川浜オートキャンプ場」

column_nikkawahama_autocamp_1_resized

実はキャンプ初心者の私。オートキャンプってどうしたらいいの?からスタートした今回の取材です。

オートキャンプ場ってどんなところ?

日本にオートキャンプが初めて紹介されたのは意外と古く、大正15年に出版された『キャムピングの仕方と其場所』という本の中で「之もまだ日本ではやっていない様であるが是非奨めたいと思ふ。即ち自動車に寝具炊事具等をのせ家族同伴で風光明媚の地に銷夏旅行を兼ねたキャムピングをする事である。一家揃って出かけるのであるから、其楽しみはまた別段である。」と紹介されています。(参考:国立国会図書館デジタルコレクション「キャムピングの仕方と其場所」
比較的最近のものかと思っていたので意外でした!
 
オートキャンプとは、キャンプを楽しむためにテントで野営する「レジャーキャンプ」で、荷物が積めて移動が楽なクルマを使うものを言います。オートキャンプ場はクルマで乗り入れることができるので、大荷物を運ぶ手間を大きく軽減できるのが魅力ですね。
 
column_nikkawahama_autocamp_9_resized
 
私のようなキャンプ初心者におすすめなのが“デイキャンプ”です。“デイキャンプ”とは日帰りで行うキャンプのこと
「キャンプ用品を揃えて、たくさんの荷物を運んで、慣れないテント張りをして・・・」といった不安もなく、気軽にキャンプを楽しむことができます。
 
とはいえ手ぶらというわけにはいきません。まず、日よけのためにもタープは必須アイテム。手軽なワンタッチタープや、開放感があり設営が手軽なヘキサタープなど種類は豊富。自分好みのタープを一つ用意していれば、気軽にデイキャンプに出かけられそうです。

日川浜海岸へ徒歩1分!日川浜オートキャンプ場

神栖市の「日川浜オートキャンプ場」はアクセスも楽で、初心者やお子様のキャンプデビューにおすすめです!縦に長くのびる敷地は、緑の中に野鳥のさえずりが心地良い。日川浜海岸に隣接しているので、静かな夜には波の音も聞こえてきそうですね。海岸を散策するのも楽しいでしょう。
 
全50区画のオートキャンプサイトは道を挟んで左右に配置されており、隣サイトとは生垣で仕切られています。開放的な中にも、プライバシーに配慮した作りですね。
うち46区画が10m×10mのサイトで、残りの4区画は広めのフルフックアップサイト(10m×15m)となっています。フルフックアップサイトはキャンピングカーや大きめのテント設営にオススメです。またすべての区画にはAC電源が確保されています。
 
column_nikkawahama_autocamp_2_resized
 
column_nikkawahama_autocamp_7_resized
 
column_nikkawahama_autocamp_6_resized
 
中ほどまで行くとバーベキュー広場があります。こちらにはバーベキューユニットが3つあり、バーベキューのみの利用OKだそうです。この日も友達同士でバーベキューを楽しむグループがいらっしゃいました。バーベキューに必要な道具のレンタルや販売、さらに食材の販売もありますので、手ぶらで行っても大丈夫!(※要予約)
 
column_nikkawahama_autocamp_3_resized
 
column_nikkawahama_autocamp_8_resized
 
さらに奥に進むと、キャビン2棟と11区画のテントサイトが出現。こちらは車の乗り入れ不可ですが、すぐ近くの駐車スペースに車を停めることができます。AC電源や他区画との仕切りはありません。テント宿泊が苦手な方やテントを持っていない方でも、キャビンを利用すればキャンプを楽しむことができますね。
 
column_nikkawahama_autocamp_4_resized
 
女性にとって気になるのがトイレ。こちらのトイレは水洗洋式でとても清潔感がありました。温水コインシャワーもありますが、おすすめしたいのが車で5分ほどの所にある「ふれあいセンター湯楽々(ゆらら)」です。大浴場や露天風呂で汗も疲れも流してスッキリ!
 
管理人さん手づくりのこんなものを見つけました。「どうぞキャンプを楽しんでくださいね」というあたたかい気持ちを感じます。
 
column_nikkawahama_autocamp_5_resized
 
日川浜オートキャンプ場は完全予約制で、予約できるのは2ヶ月前の月初め(1日)から、5日前までとなっています。
予約の際はお電話での予約をお願いします。HP上に予約状況が載っていますので参考にされると良いですね。(※更新のタイミングにより、実際の予約状況と異なる場合があります。最新の情報は管理事務所までお問い合わせください。)

マナーを守って楽しいキャンプを

キャンプを楽しむ上で一番大切なのは「マナーを守ること」です。開放的な気分で、つい周りに迷惑をかけてしまったことはありませんか?一人一人がちょっとした気遣いを持つことで、みんなが楽しく過ごせます。
またオートキャンプ場では車の走行も注意が必要。場内では必ず徐行しましょう。その他にも火の扱いやゴミ捨てなど、キャンプ場ごとにルールが定められていますので必ずチェックしてください。
キャンプマナーを紹介したサイトもたくさんあるので、そちらを改めて確認しておくのも良いですね。
 
みんなで気持ちよくキャンプを楽しみましょう!

【日川浜オートキャンプ場 詳細情報】

■料金
・オートキャンプサイト(46サイト)
 1泊 3,600円
 Day 1,540円
・フルフックアップサイト(4サイト)
 1泊 5,140円
 Day 1,540円
・テントサイト(11サイト)
 1泊 3,080円
 Day 1,540円
・キャビン(2棟)
 1泊 10,280円(9名まで)
 Day 3,080円
・バーベキュー広場(3ユニット)
 1区画 2,050円
※デイキャンプおよびバーベキュー広場の利用は4時間までとなっています。
※その他料金についてはHPをごらん下さい。
■場所 茨城県神栖市日川2036-124
■定休日 火曜日(GWと7月~9月、および祝祭日の場合は営業)
■受付時間 8:00~17:00
■予約・問合せ TEL 0299-97-0567
■詳細はコチラ⇒日川浜オートキャンプ場HP
 

 
※記事は2018年4月現在の情報です。
 
------------

情報募集! Locotyが取材に行きます!

神栖・鹿行地域情報サイトLocoty.comでは、地域のステキなお店、オイシイお店、イベント情報などを募集しています! お店やイベントオーナーの方や、いつもよく行く大好きなあのお店を紹介して欲しい!など、どんどんLocoty編集部にお知らせください!

Locotyへのご連絡はコチラからお願いします。

 

Locotyメディア紹介

神栖・鹿島・潮来・鹿行地域の暮らす・食べる・遊ぶ・お得情報を毎日更新!
①  Locoty Facebook公式ページ
② Locoty Twitter公式ページ
 Locoty Instagram公式ページ
③ Locoty Channel 動画配信公式チャンネル (Youtube)
 
公式ページに「いいね!」や「フォロー」をしていただくと、毎日、地域のお役立ち情報が届きます! 

関連記事

  1. event_hokota_xmastown2017_1 【鉾田市】イベント:Xmas Town 2017 〜クラフトマー…
  2. event_october 【Event Information】10月のイベント情報
  3. HASAKIMUSICFESTIVAL_eyecatch 【神栖市】イベント:波フェス ~ 100%市民の力だけで創る、神…
  4. koyamamemorialhospital_lecture_20171027_eyecatch 【神栖市】イベント:市民公開講座開催 (入場無料)「知って守ろう…
  5. event_saitousai_2018_1_resized 【鹿嶋市】イベント:鹿島神宮 祭頭祭
  6. businessman relaxing 【土浦市】イベント:あなたは働きすぎ?「男性の仕事中心の生き方を…
  7. NoImage_resized 【神栖市】般若寺
  8. octoberfest2018-3_R 【神栖市】イベント:ビールの祭典「オクトーバーフェスト2018」…

Locoty Channel

boulanger_m_3_resized
  1. DSC_8602.NEF
  2. 購入大福
  3. 20170218_164814s
  4. hotaruika_iStock-622195794_resize
  5. meloninfo01_resized
  6. forestpark_hokota001

Locoty 人気投稿

  1. kamisu_U11CFG180526_03
  2. ayame001_Fotor
  3. DJI_0262_Fotor
  4. kashimadojo_04
  5. yatabe_10

カテゴリー

PAGE TOP